TOP > 経営イベントのポイント  周年事業(周年式典)

会社設立の大きな節目として周年事業を行う企業は多いですが、単に「何周年だから、イベントを行おう」では、楽しいだけのもので終わってしまいます。そのため、「何周年という節目をどう捉えるか」が重要なカギとなってきます。
「大きな節目を迎えたその日だけを社員で祝うのではなく、その年1年を通じて意義ある様々な活動を始動する」、「ビジョン実現に向けての節目として新しい会社の方向性やイメージを膨らませられるようにする」、また、「お客さまとともに歩んできたという会社の感謝の気持ちを表すと共に、自社認知を再確認する」というように、アプローチは多々あります。いずれにせよ、自社の企業価値をさらに高める大事な節目と捉え、この記念すべき日を迎えたいものです。

周年事業といった場合に、「過去」を振り返ることに重きをおく企業さまは多いと思います。
もちろん、それはこれからも大事にし続けていきたい考え方(理念)などを明確にするために、
あるいは記録のために欠かすことのできない要素ではありますが、
過去の「遺産」として分断されるものではありません。
むしろ大切なのは、先達が築いてきたその歴史が「今」にどう活きているか、
そして「将来」に向けてどのように活かしていくか、
という過去よりも将来を見据えた「時間軸」の考え方が大切ではないでしょうか。

周年事業は、自社の新たな夢を全社員で創り、見つめる周年イベントです。
新たなビジョンに向けて、全社員が経営参画するためには、
周年イベント当日までの社員を巻き込んだ創りこみプロセスがキーとなってきます。
このイベントを機にさまざまな活動をスタートし、全社員の経営参画機会を提供します。
事前~イベント当日~事後を含め、周年事業全体の創りこみを行っていきます。

周年事業のプロジェクトを発足し、プロジェクトメンバーで、テーマや趣旨、我々のミッション(使命)を共有します。

会のテーマに基づく職場単位のミーティングなど事前の参画活動や創り込み活動を展開。

周年事業のプロジェクトを発足し、プロジェクトメンバーで、テーマや趣旨、我々のミッション(使命)を共有します。

新たな成長起点を「周年事業」で創りませんか?

「周年」という節目を、組織の新たな成長起点にするためのポイントをお伝えしているサイトです。
ぜひご覧ください。

お問い合わせはこちら

社員総会
キックオフミーティング(方針発表会)
テーマ別事例
社員参画型成功の秘訣
メイキング経営イベント
pagetop