PROCESS

周年事業成功への道すじ

周年事業の企画~推進・制作~運営の各段階の流れと
私たちアイ・コミュニケーションズが大事にする各段階のポイントと協働領域をご紹介します。

  • トップ
  • 周年事業成功への道すじ
各段階の概要
この段階でのアイ・コミュニケーションズの協働(役割・機能)

企画段階

POINT
経営全体の視点で、この周年事業をどう位置づけるか?経営テーマと連動した周年事業コンセプトを明らかにすることが、周年を価値ある経営の節目・起点にする上で大切です。

01

周年事業
コンセプト・企画立案

経営の視点から捉える 「コンセプトの協働立案」

「何をやるか」という手段から入るのではなく、ご担当者さまと協働で社内マーケティングを行い、経営課題や将来のありたい姿と組織の現状を踏まえ、望ましい周年事業コンセプトとその具体化プランを立案します。

02

参画プロセスデザイン

(経営層・マネジメント層・実行委員会
・各プロジェクト・全社員・協働先等)

自組織の特性・現状を踏まえた 「参画プロセスデザイン」

周年事業のコンセプト・企画とあわせて大事な初期準備が、組織内外の関係者・協働者との参画プロセスのデザインです。
組織のプロセス・特性を熟知し、さまざまな組織にアプローチしてきた経験をもとに、望ましいプロセスをデザインします。

企画展開

POINT
周年事業のコンセプトをどれだけ組織活動として具体化・展開するかが周年YEARの重要な成功ポイントです。

03

周年コンセプト・テーマに基づく

組織活動の展開~開発・構築

例えば…

組織活動

  • VISION策定プロジェクト
  • 理念創造プロジェクト
  • ブランド創造活動
  • ヒストリカルレビュー

開発・構築(アウトプット)

  • 長期VISION
  • CI・VI
  • ブランドコンセプト
  • クレド(価値観・行動規範)
  • ビジョン・ブランドブック
  • ヒストリーブック&ムービー
  • ショールーム

周年コンセプトの具現化 =「組織活動のデザイン」

周年事業では、経営の新たな起点となる変革テーマを周年YEARの中で推進していく組織活動が不可欠と私たちは考えます。そのため、経営の根幹に関わるVISION策定や理念・クレド構築、あるいはブランドコンセプトの策定~浸透プランなどの開発・構築活動が伴います。
プロジェクトファシリテーションから成果物に仕上げるまで、長年の組織開発ノウハウを活かして支援します。

プロジェクト組成

理念やビジョンを形に

インナーブランディングムービー

「お客さまからの声」ムービー

04

全員参画での
準備活動や共有ツール展開

(参画プログラム展開・参画ツール制作)

例えば…

  • 部署・場所毎のプレミーティング
  • コンセプトに基づく全社員アンケート設計
  • 告知報・社内報連動誌面制作
  • 全員参画の制作活動(映像・ポスター・他)

周年テーマへの 「関心・参画を生む機会づくり」

主たる活動に関わる選抜メンバーのみならず、全社員をこのYEAR・事前活動で巻き込み、周年テーマを共有し、考え、そこに参画する機会づくりが重要です。テーマや組織状況にあった参画ツール・機会づくりの豊富なノウハウがあります。

途中経過をドキュメントする「告知報」

1人ひとりの宣言をポスターに

周年当日

POINT
皆が一堂に会する機会に、この周年の成果を昇華させます。全てに繋がりを持たせ、この周年という将来へのキックオフを迎えます。

05

周年を祝う 経営イベント実施

(記念式典・記念社員総会等)

例えば…

  • 経営イベント企画・プログラム立案
  • 演出プラン~制作(映像・舞台演出等)
  • プレゼンテーションライティング&デザイン
  • プレゼンター&司会者リハーサル
  • 運営全体オペレーション

祝う場だけでない 「共に創り出すスタートの場づくり」

全社員がお客さま気分でなく当事者としてこの場に参画する機会づくりが重要です(事前活動との連動が鍵)。単に祝うのではなく、将来へのキックオフの場です。 テーマを効果的に共有・訴求する映像やプレゼンテーション効果、あえて社員での司会進行など、インナーイベントならではの演出・運営プロセスを提供します。

多くのメンバーを壇上に

会場からの声を活かす

グラフなども使い可視化

事後

06

事後展開プラン

(企業活動への継続展開)

例えば…

  • テーマ・成果に基づく事後アンケート設計
  • 周年事業の成果・変化を踏まえた
    事後組織展開プラン
  • 周年テーマ連動型社内広報プラン

大事な周年事業効果・変化を次に繋げる

周年事業の検証が、明日からの組織活動の力点を見出します。全社員の参画意識、変革意欲を組織活動に繋げます。

データを使い効果検証

満足度だけでなく参画度を計る

周年事業が経営の大きな起点となり、
次の成長ステージへ舵を切る