CONSULTANT

コンサルタント紹介

チーフコンサルタント

立石 裕美
HIROMI TATEISHI

専門分野

組織変革・人材育成

経歴

 鉄鋼専門商社人事部での実務経験(総務・人事業務全般およびグループ会社の管理統括部門としての業務)を経て、企業内トレーナーとして社内の教育研修を実践。
 現在、顧客企業のトップマネジメントを支援するパートナーとして、組織〜人材開発に至るまでの戦略立案〜マネジメントシステムの企画および実現に向けたコンサルティングを行っている。また、企画・計画策定にとどまらず、実現プロセスでの会議・教育研修等のコースディレクターとして、顧客企業内への展開推進にも携わっている。

メッセージ

 私の仕事は「役に立つこと」であると考えています。それは、「コンサルタント」とはどういう仕事なのか、についての自分の捉え方でもあります。 組織の様々な問題を解決していく力を持っているのは間違いなくその組織(の人々)ですが、「問題そのものに気付いていない」「自分(たち)だけではなし得ない」ことは多く存在しており、それをなんとかする一押しや二押しをすることが自分の役割です。
 そのために重要なことは、陳腐な表現ですが「お客さまの“やりたいこと”とではなく“必要なこと”をやる」ことだと認識しています。「必要なこと」の捉え方は、往々にして労力や困難を伴うことも多いため、合致しないことも多いものです。そのため、時には、耳の痛いことも敢えてお伝えすることを大事にしています。お客さまのお役に立つことができ、その過程で私自身も新たな気づきや成長をさせて頂くことができ、それが力となってまた新たなお客さまと出会うことができる。そんな好循環の輪が続くことが、私の喜びの源です。

組織の「未来」と「元気」を創るメールマガジンを配信しています

メールマガジン
「News-i」を登録する