LEADERS BLOG

リーダーのためのブログ

2020.06.24

協創の現場からインナーブランディング

「今」の価値を捉えなおす

 突然のコロナショック到来により、年に一度の入社式や新入社員研修、全社員が一堂に会する社員総会など、組織にとって重要な教育機会や経営イベントの実施可否について、悩まれながら意思決定をされた企業さまが多かったのではないでしょうか。
 長年弊社でお手伝いをしている組織横断型・若手メンバー主体のプロジェクトで制作している社内報。毎号、集合し終日かけて企画会議を行ってきましたが、今回は在宅勤務のメンバーも含め、初のオンライン開催で会議を行いました。

 この社内報の特徴は、「会社のこれから」について、全社員が思考し行動に移すきっかけとなる、参画型の組織文化を醸成することをねらいとしたツールであることです。
 
 会社(経営)をより身近に、自分のこととして感じられるよう、各部門から選出された社員を中心に職場を巻き込み、本音を語り合い企画化していくことが教育機会にもなり、非常に重要な仕掛けとなっています。しかし、オンライン開催ともなると本音をざっくばらんに表出する会議は難しいであろうと、各自しっかりと事前準備を行って臨んでもらいました。

  会議の中では、チームに分かれ今の状況について話し合いましたが、「皆不安を抱えているはず。未来ばかりでなく、現状の不安も伝えた方がいい」「在宅勤務になってコミュニケーションが減った。この状況を前提にしたチームワークについて考えないといけない」という率直な意見や、「やり方は変えられないものではない。今自分たちがオンライン会議で行っているように、働き方改革を進めるきっかけになるはず」「これを未来へのチャンスととらえて、会社にとって大きな変化を生み出すきっかけにしたい!」など、先を見た意見も。 今までのあたりまえが通用しない世の中で、もちろん不安はあるものの、前を向いて「今を捉え直し」、「今こそ」チャンスとして、未来に向けチャレンジしていきたいという思いが生まれてきました。

  リアルな集合型の企画会議で従来通りの話し合いを行っても企画はできます。しかし、今回は「オンラインで企画会議に挑戦」という状況に合わせた取り組みによって、厳しい環境を無駄にせずに取り組んでいる自分たちの日常活動と重ね合わせて、より「今」をどう捉えるかを実感し、逆境をバネにどう成長するかを考えるきっかけとなりました。

この記事の執筆者

林 恭子

コンサルタント
専門分野:企業文化