LEADERS BLOG

リーダーのためのブログ

2020.06.10

協創の現場から人材戦略・人材開発

制約があるからこその創造性

 緊急事態の終了が宣言され、6月に入り通勤時の混雑状況や外出状況も、コロナ以前に近づいてきました。とはいえ、楽観視できる状況でもなく、一時帰休や在宅勤務などを駆使しながらしのいでいく状況は続きそうです。

 コロナ対応としては、様々な対応策が各地で展開されていました。「スーパーで買い物かごを入場券代わりにする」「タクシーの食品配送を特例許可する」など、限られた中での創意工夫が見て取れますし、アイディアを即実践しようというスピード感も伝わってきます。

 「制約があるからこそ創造性が高まる」という言葉は以前から耳にしますが、今起きていることを考えると、その言葉に真理があることを実感できます。コロナの影響で遅れ気味かもしれませんが、新年度の目標設定の時期でもありましたし、制約があることを活かして、部下の目標設定力が高まるようにアプローチしてみる良い機会といえるでしょう。

そもそも制約とは、克服したいことがあってこそ見出されるものです。現実的に足を引っ張るものは解決したい制約になります。この場合は、ソリューションを調べればいろいろありますし、解決策を条件に基づいて判断すれば良いでしょう。

  一方で、克服したいことが見つからない場合は、目指したい姿・ビジョンのイメージが弱い、ということなります。ビジョンを描くことは難しいものですが、例えば「時間と場所に捉われない働き方」という概念は認識していても、実際にどうなると喜ばしいのかは、ステイホームを体験したからこそ、リアリティを持って思考できると思います。一時しのぎではなく、在宅や出張が難しいことが継続しても問題ない姿とはどのようなものかを、具体的に思考する機会を設けてみてはいかがでしょうか。

  また、在宅勤務などでデジタルツールを使わざるを得ない、という制約があることで、より効率的に使いこなせないか、他のツールと組み合わせられないかという観点が広がります。これは、変化点を制約として思考していくもので、WEB会議形式が必須だからこそ、連動してペーパーレス化を促進しようとか、議事録自動作成による効率化を図ることなどが、具体例として挙げられます。他にも協働上の問題点や困りごと、特に進捗確認や品質チェックが想定されますが、デジタル上でも良いアドバイスをもらえるようにするには、という観点もきっかけになるでしょう。

  デジタルツールの活用に慣れている若い世代であれば、より創造的な解決策が見出される可能性が高いものです。環境変化でそれぞれが何かしらの制約をリアルに実感している状況だからこそ、アイディアを引き出し、主体的・自発的に取り組めるような目標設定プロセスを意識してみてください。

この記事の執筆者

杉岡 篤樹

コンサルタント
専門分野:人材戦略